【写真で観る】浅草観光で絶対に行きたい昭和レトロな純喫茶“アンヂェラス”へダッチコーヒーを飲みに行こう!!

この記事はどうでしたか? 頑張って改善するので評価をお願いします!!!
  • 凄く面白かったよ!!! (0)
  • 面白かった! (0)
  • 普通 (0)
  • つまらない (0)
  • 凄くつまらない!! (0)

東京 アンヂェラス 浅草オレンジ通り沿いにある純喫茶”Angelus(アンヂェラス)”さんに行ってきました! かつては全国各地にあった純喫茶が無くなりつつあります。 それは、殆どの純喫茶は個人経営の為、資本問題であったり高齢化による後継者不足であったりといった問題の為、一つの一つの歴史に幕を閉じていっております。 そんな中”アンヂェラス”さんは、浅草の街で美味しいコーヒー、ケーキそして、昭和レトロなくつろげる空間が人気で手塚治虫や池波正太郎といった昭和を代表する作家達からも愛され、今尚行列が絶えない人気のお店です!! 




朝お店は浅草のオレンジ通り沿いにあり、休日などには店前には行列が出来ています。 お店を覗く前に、そもそも純喫茶とは!? 酒類を扱わない純粋な喫茶店の事を指します。 かつては、酒類やホステスを供給する喫茶店を「特殊喫茶店」というのに対し、付けられた名称となります。 昭和30年頃までは純喫茶を名乗る喫茶店が日本各地にありました。 店内は、昭和レトロな欧風の山小屋の様な内装です。




店名の「アンヂェラス」とは、初代店主の夫人がキリスト教徒だった事から、「聖なる鐘の音」という意味のアンヂェラスと名付けられました。 お店の名物 ダッチコーヒー(600円)  ダッチコーヒーとは、すっきりとした軽やかな苦みが特徴の水出しコーヒーの事で、専用の濾過装置を使用して一滴、一滴3~4時間かけてじっくり落とします。  アンヂェラスは、ダッチコーヒー発祥のお店で、「ダッチ」はオランダという意味でオランダ人が水を濾過して飲む事から店主によって「ダッチコーヒー」と命名されたそうです。




クリームソーダ(720円) 昭和レトロなお店で飲む事に価値がある、クリームソーダです!




店名が付けられたケーキ「アンヂェラスの白(330円)」は、バターケーキなのに、口当たりも良く昔懐かしいケーキです。 チーズケーキ(350円)









以上で、御案内となります。 昭和21年創業の“アンヂェラス”さんは、70年以上浅草の街と共に歩み、今尚当時の面影を残したお店です。  ここでしか体感できない昭和レトロな気分を味わいに行かれてみては如何でしょうか。 御精読ありがとうございました。 名称              Angelus(アンヂェラス)  所在地    東京都台東区浅草1-17-6 アクセス       浅草駅より徒歩3分 電話番号              03-3841-9761 営業時間       10:00-19:00 定休:月曜定休日 料金         600円~1,500円 種別         純喫茶店 備考      ダッチコーヒー発祥のお店です。 評価    80点

【写真で観る】浅草観光で絶対に行きたい昭和レトロな純喫茶“アンヂェラス”へダッチコーヒーを飲みに行こう!! 浅草観光に行くなら昭和21年創業の昭和レトロな純喫茶“アンヂェラス”のダッチコーヒーを飲もう!! 東京 アンヂェラス 浅草オレンジ通り沿いにある純喫茶”Angelus(アンヂェラス)”さんに行ってきました! かつては全国各地にあった純喫茶が無くなりつつあります。 それは、殆どの純喫茶は個人経営の為、資本問題であったり高齢化による後継者不足であったりといった問題の為、一つの一つの歴史に幕を閉じていっております。 そんな中”アンヂェラス”さんは、浅草の街で美味しいコーヒー、ケーキそして、昭和レトロなくつろげる空間が人気で手塚治虫や池波正太郎といった昭和を代表する作家達からも愛され、今尚行列が絶えない人気のお店です!! 朝お店は浅草のオレンジ通り沿いにあり、休日などには店前には行列が出来ています。 お店を覗く前に、そもそも純喫茶とは!? 酒類を扱わない純粋な喫茶店の事を指します。 かつては、酒類やホステスを供給する喫茶店を「特殊喫茶店」というのに対し、付けられた名称となります。 昭和30年頃までは純喫茶を名乗る喫茶店が日本各地にありました。 店内は、昭和レトロな欧風の山小屋の様な内装です。  店名の「アンヂェラス」とは、初代店主の夫人がキリスト教徒だった事から、「聖なる鐘の音」という意味のアンヂェラスと名付けられました。 お店の名物 ダッチコーヒー(600円)  ダッチコーヒーとは、すっきりとした軽やかな苦みが特徴の水出しコーヒーの事で、専用の濾過装置を使用して一滴、一滴3~4時間かけてじっくり落とします。  アンヂェラスは、ダッチコーヒー発祥のお店で、「ダッチ」はオランダという意味でオランダ人が水を濾過して飲む事から店主によって「ダッチコーヒー」と命名されたそうです。 クリームソーダ(720円) 昭和レトロなお店で飲む事に価値がある、クリームソーダです! 店名が付けられたケーキ「アンヂェラスの白(330円)」は、バターケーキなのに、口当たりも良く昔懐かしいケーキです。 チーズケーキ(350円)以上で、御案内となります。 昭和21年創業の“アンヂェラス”さんは、70年以上浅草の街と共に歩み、今尚当時の面影を残したお店です。  ここでしか体感できない昭和レトロな気分を味わいに行かれてみては如何でしょうか。 御精読ありがとうございました。 名称              Angelus(アンヂェラス)

所在地    東京都台東区浅草1-17-6 アクセス       浅草駅より徒歩3分 電話番号              03-3841-9761 営業時間       10:00-19:00 定休:月曜定休日 料金         600円~1,500円 種別         純喫茶店 備考      ダッチコーヒー発祥のお店です。 評価    80点

↓応援お願い致します↓

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご覧いただきありがとうございます! 私は、日本をメインにときどき海外と旅をしながら生きるている旅人の”いくちゃ”と申します。 ○○○に行った!でも、○○○だった!等のちょっとした情報も入れつつ旅情報を配信しております。 皆様の旅の一助になれればうれしいです。 何卒、応援お願いいたします!!!